狭山市で太陽光発電をはじめたのです

夫婦二人暮らしの家、新築の家です。
購入時に今流行りの太陽光発電の設置もお願いしたのです。
オール電化にすることで、環境に優しい家になるとも言われ、その気になったの
でした。
この埼玉狭山市もこのまま空気の綺麗な街であり続けて欲しいと思うのです。
私の第二のふるさとになるわけです。
また近い将来は、子供も出来る、育てるのです。
そんな時、環境に良い街は嬉しいことと思うのでした。
しかし、それだけでこの太陽光発電にした訳でもないのです。
やはり収益が上がると考えたのでした。
特に我が家は、夫婦とも働きです。
そんなことから昼は誰もいないのです。
電気がどんどん溜まるのです。
そしてその溜まった電気は、売電が出来るのでした。
42円と言う価格は、相当売電できる金額でもあったのです。
我が家の設置費用、約220万円でした。
ここから国、県、市の補助金を引くと、180万円弱になるのです。
この180万を家のローンと組み合わせたのでした。
現在かかる電気料金は、月々6千円程度です。
そして売電価格は、月に12千円程度となっているのです。
このことで考えると月6千円しか得をしていない計算になるのですが、ここに
マジックがあるのです。
これが太陽光発電にしない場合の電気料金を考える必要があるのです。
周辺の金額平均を聞くと月々12千円程度の出費と言うのでした。
この差を考えると、月額の差が6千円、更に売電で12千円と言うことで、18千円の
得と言う計算になるのでした。
この差額は、本当に美味しい差額と思っています。

次ページへ »