余った電気はどうなるの

太陽光発電で発電した場合、乾電池みたいなものを簡単に充電できれば何も問題はありません。
ですが、実際には家庭用太陽光発電に関しては、なかなか蓄電できませんでした。
現在では蓄電に関してもかなり開発は進んできていていますが、すべての太陽光発電システムを利用しているところで蓄電できるような状況ではありません。
では、たくさん発電をした場合、使わなかった電気、つまり余ってしまった電気はどうなるのでしょうか。
それはごみを捨てるようにどこかに処分することになるのでしょうか。
もしくは、太陽光パネルにリミッターなどがついていて、ある一定量の発電をすると発電が止まってしまうのでしょうか。
実は、実際には、余った電気は電力会社に売ることができます。
とはいえ、ここで勘違いしてはいけないのは、売れるのは余った電気だけであり、発電したすべての電気を買い取ってもらえるわけではありません。
ただ、、日中発電をして、使いきれなかった電気は自動的に電力会社に売られるようになっています。
そして、その電気の料金は自動的に指定口座に振り込まれるというシステムとなっています。
これが系統連携型方式と呼ばれる方法です。
また、買い取り価格も以前に比べると高額になっています。
そのため、実は余った電気を売ることができる(売電)は、かなり太陽光発電の利用のメリットといえます。
これにより、太陽光発電導入に関する採算性もよくなっていきました。
また、この買い取りシステムですが、これにより月々の電気代がゼロとなることもありうるのです。
また、電気代が黒字(普段電気代を支払っているときを赤字として今回は考えています)となることだってあるのです。
したがって、太陽光発電ですが、余った電気は無駄にすることなく電力会社に自動的に売ることができます。
ちなみに、売っているのは日中に発電した電気となります。
夜は太陽が出ていないので発電することができません。
したがって、夜に使用する電気の分は、買う(売電)する必要があります。